ふんわりルームブラをすると肩こりや肩の疲れが起こる?その原因は?

ふんわりルームブラをすると肩こりが起こるなんて聞いたことはありませんか。
ナイトブラをしても肩こりになるのなら、意味がありませんよね。

ふんわりルームブラは肩こりを解消できる?

そもそも肩こりが起こる理由は?

肩こりの原因はたくさんありますが、女性ならではの原因は肩の筋肉の疲れ。
特に女性は男性よりも胸が大きく、肩の筋肉が胸を支えています。
男性よりもずっと重いものを肩が支えているので、女性は肩こりが起こりやすいといわれています。

胸の重さで肩がこるの?と疑問に思っているかもしれません。
ですが、Eカップの人は胸の重さが一キロ、Gカップは胸の重さが二キロとなっており、それを一日中肩で支えなくてはなりません。

試しに一リットルの水を一日中肩からぶら下げてみてください。
次の日には、肩がパンパンに凝ってしまうと思います。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

女性の肩こりは、胸を支える筋肉の負担を減らすのが効果的なのです。

ナイトブラで肩こりを軽減させることが可能?

寝ている間や家にいる間は、楽についブラジャーを外してしまいがちですよね。
ブラジャーには、肩の筋肉がつかれないように胸を支えるサポートをしてくれます。
何もつけていない状態だと、ブラジャーによって支えられていた胸の重さが、すべて肩の筋肉で支えることになります。

夜の間は仰向けになって寝ているから、肩が疲れないと思っていませんか。
寝返りで横向きになったりすることもあるので、肩の筋肉は休むことはありません。

ふんわりルームブラをすると、夜の間も胸を支えるサポートができます。
何もつけていない時よりも、肩の疲れが抑えられるので、肩こりをしにくくなります。

ナイトブラをすると肩コリが起こるといわれている理由

ナイトブラをすると、肩こりが軽減されるのに、なぜ肩こりが起こるといわれているのでしょうか。

それは、サイズの合わないナイトブラをしていると、血行が悪くなり肩の筋肉がつかれてしまうから。

寝ている間は血行が悪くならないように、無意識のうちに体を動かしています。
サイズの合っているナイトブラをしていたら、体を動かしてもずれることはありません。

ですが、サイズが合っていないナイトブラをすると、寝ている間にずれてきてしまいます。
例えば、寝ている間に肩紐がずれてしまうと、肩が動かせなくなってしまいますよね。

多くの人が6時間前後は寝ていると思うのですが、6時間ずっと肩が動かせなかったらどうでしょうか。
気になって、眠りが浅くなってしまいますし、肩の血行が悪くなることで筋肉の疲労につながります。

ふんわりルームブラをすると肩が楽になる

ふんわりルームブラのサイズ表

できることなら、肩こりの起こりにくいナイトブラが欲しいですよね。
肩こりを防ぐには、自分にあったサイズのナイトブラを探すのが、不可欠。

ふんわりルームブラ であれば、サイズ展開が7種類あるので、自分に合ったサイズが見つかりやすくなっています。
ナイトブラのサイズは、MとLの2つしかないことも多く、ブラジャーで有名なワコールも4種類しかありません。

ナイトブラの中でも、7種類もサイズが選べるのはふんわりルームブラだけです。

また、ふんわりルームブラ

ふんわりルームブラは、肩こりを防ぐための商品ではありませんが、結果として肩こりが起こりにくくなるナイトブラになっています。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら