ルルクシェルは授乳中や卒乳後も使える?効果はあるの?

ルルクシェルを出産後も使いたいけれど、着けてもいいの?
授乳が始まっても使って大丈夫?
授乳期間が終わるまで待つべき?

出産後や授乳中は胸の形が変わってしまうので、バストケアは怠りたくないですよね。
ルルクシェルは授乳中や卒乳後も使えるのでしょうか。

授乳中と卒乳後に分けてご説明します。

ルルクシェルを
無料サイズ交換付きで購入
公式HPはコチラ

ルルクシェルは産後や授乳中でも使える?

授乳や産後にも使えるナイトブラの基準は?

産まれたばかりの赤ちゃんは、母乳もしくはミルクで育てるのが基本ですよね。
完全母乳から混合まで人それぞれですが、事情でもない限りは少なからず母乳を与える方が多いでしょう。

母乳を与えている間はナイトブラを使ってもいいの?
授乳時に使えるナイトブラについて説明します。

授乳中も使いやすいナイトブラは下記の通りです。

  • 授乳しやすいよう胸が出せる
  • 赤ちゃんを傷つけないシンプルなデザイン
  • 赤ちゃんが汚しても簡単に洗える

一番大切なのは、授乳のしやすさ。
すぐに胸が出せるようなつくりになっているナイトブラを選ぶのがおすすめ。

ナイトブラの中にはレースやホックがついているものがありますが、授乳中は邪魔になります。
また、赤ちゃんのよだれや鼻水が胸についたり、口から母乳がこぼれてしまったりします。
洗濯の回数が増えるので、シンプルで洗濯しやすいナイトブラが楽ちんです。

ルルクシェルは、残念ながら産後の授乳中には向かないナイトブラになります。

ただし、子どもが生まれるまでの妊娠中はルルクシェルはOKです。
むしろ普通のブラジャーよりもつけやすいくてデザインが可愛いので、普段使いにも大活躍します。

ルルクシェルの妊娠中の効果についてはコチラ

ルルクシェルナイトブラのブラックルルクシェルは妊娠中も使える?マタニティブラの代用できる?

ルルクシェルを
無料サイズ交換付きで購入
公式HPはコチラ

ルルクシェルを授乳時に使うのはハードモード

 

ルルクシェルのカラー

最初に言っておくと、ルルクシェルは、授乳時に使えないナイトブラではありません。
胸を出そうと思ったら、簡単に出すことができます。

なので、どうしてもルルクシェルで授乳したい!というのであればいいと思います。

ルルクシェルで授乳の際に赤ちゃんが傷ついてしまう

ナイトブラに限らず、下着は使うほど伸びてしまいます。
ルルクシェルなら、フロントホックがついているので、伸びてもサイズが調節できて便利です。

しかし、ルルクシェルのフロントホックは授乳の際のデメリットになっていしまいます。

前にホックがついていることで、授乳するときにはどうしても赤ちゃんに当たってしまいます。

産まれた直後の赤ちゃんはたくさんの母乳が飲めないので、毎日3時間おきに8回以上授乳が必要です。
そのたびに、赤ちゃんがルルクシェルのホックで傷ついてしまうことに。
いくら気を付けてはいても、体力的にしんどい日が続くのでいちいちホックなんて気にしてられなくなります。

赤ちゃんの肌はとても繊細です。
どうしても使いたい場合は、ホックを切ってしまうなど工夫を行いましょう。

ルルクシェルのレースは授乳で痛みやすくなる

ルルクシェルについているレースはとても繊細です。
赤ちゃんが引っ張ったりすることで、簡単にほつれてしまいます。

また、授乳時のブラジャーは赤ちゃんのよだれやこぼした母乳で汚れやすくなります。
ルルクシェルはレースがついているため、洗濯時は手洗い推奨で、洗濯機に入れるのはあまりお勧めできません。
特に、肩紐がレースになっているので、レースが破けたらナイトブラとして使えなくなります。

ルルクシェルの洗濯の方法についてはコチラ

ふんわりルームブラは洗濯機OK?楽に効率よく洗濯&乾燥するには?

育児で忙しい中、汚れるたびにルルクシェルをいちいち手洗いするのは非常に面倒くさいです。

授乳が終わったら処分すると割り切って、レースがボロボロになっても気にならないのならいいと思います。
ですが、ルルクシェルを授乳後も長く愛用したい人もいるでしょう。
ルルクシェルを授乳中に使うと、あっという間に劣化するので私はおすすめしません。

ネット上には授乳中も使っています!なんて口コミがありますが、うのみにしない方がいいでしょう。
私も授乳期間中はルルクシェルは封印していました。

授乳しやすいナイトブラやマタニティブラはたくさんあります。
ルルクシェルは、そこまで安いナイトブラではないので、授乳中に無理して使う必要はないでしょう。

授乳中は授乳しやすいブラにチェンジして、赤ちゃんを大切にしてあげてくださいね。

ルルクシェルを
無料サイズ交換付きで購入
公式HPはコチラ

ルルクシェルは授乳後や卒乳後でも使える?

卒乳後や授乳後に起こる胸の変化は?

卒乳後の胸の変化は、ざっくりと二つに分けることができます。

  • 脂肪が背中や脇に流れて胸が小さくなったが、太ってみえる
  • 胸がしぼむ、垂れる、左右差があるなど胸の形が変わる

一つ目は、胸の脂肪が流れてしまったパターン。
妊娠をするとワイヤーありのブラジャーがしんどくなるので、ノンワイヤーに切り替える方が多くなります。
補正力が弱まってしまい、かつ体重は妊娠で徐々に増えてゆくので、胸の脂肪が流れがちに。

こうした方は、背中や脇に流れた脂肪を胸に寄せる効果のあるナイトブラを選びましょう。

次は授乳を通じて胸の形が変化したパターンです。
出産後は乳腺が発達して、胸が大きくなります。
卒乳までに徐々におさまってゆきますが、伸びた皮膚は戻りません。
授乳中は、赤ちゃんが下向きに乳首を引っ張るので、余計に胸は垂れてゆきます。

こうした方は、形が変わった胸をリフトアップして整えてくれるナイトブラを選びましょう。

胸の変化が二つとも起こる方もいますし、卒乳してもどちらも気にならない人もいます。
卒乳後や卒乳後に胸がどうなるのかは人それぞれ。
授乳後の二つの胸の変化に対応できるナイトブラを選ぶのがベストです。

ルルクシェルは、どちらも効果のある卒乳時にベストなナイトブラになります。

ルルクシェルを
無料サイズ交換付きで購入
公式HPはコチラ

ルルクシェルなら授乳後に小さくなった胸を補正できる

ルルクシェルのバストアップ効果

ルルクシェルには、バストが横に流れないようにホールドする効果があります。
さらに、パワーネット効果で背中や脇に流れてしまった肉を胸に固定してくれます。

ルルクシェルのフロントホック

さらに、垂れたりしぼんだりした胸を、独自の構造で美しく支えてくれます。

こうした効果を持ったナイトブラは正直たくさんあります。
中でもルルクシェルのメリットは、日常使いがしやすい点。

ナイトブラは、夜だけではなく日中も使うことで効果が得やすくなります。
(同じものをずっと使い続けるのはやめましょう)
育児でバストケアに時間が取れないので、卒乳後は特に日中も使えるナイトブラの方がオススメ。

デザインもイマイチで日常使いに向かないナイトブラはたくさんあります。
ですが、ルルクシェルなら、デザインも日常使い向きでショーツとセット購入できるなど普通のブラジャーと変わりません。

ルルクシェルを日中も使う効果はこちら

ルルクシェルナイトブラのブラックルルクシェルは普段使いしてもいい?日中や昼間も使えるの?

妊娠を機に、背中や脇に脂肪が流れて太ってしまったが、胸が小さくなった方。
胸が垂れたり、左右差がでたりと胸の形が変わってしまった女性。
ルルクシェルで、脂肪を胸に寄せて美しい形に整えましょう。

ルルクシェルを
無料サイズ交換付きで購入
公式HPはコチラ

ルルクシェルは授乳中より授乳後や卒乳後の使用がベスト

ルルクシェル

ルルクシェルは、デザインの関係から授乳中はお勧めできません。
けれど、卒乳後は安心して使えるナイトブラになります。

授乳は1年ほどで終わる方がほとんど。
貴重な1年は赤ちゃんのためのブラを使ってあげましょう。

子どもにお金がかかって、補正下着を買うほど余裕はないけれど、バストケアがしたい女性にオススメです。
授乳が終わってからバストメイクは、ぜひルルクシェルで始めませんか。

ルルクシェルを
無料サイズ交換付きで購入
公式HPはコチラ