ふんわりルームブラは銀が含まれてる!?気になる成分や素材とは?

140万枚以上売られているふんわりルームブラ。
意外と知られていませんが、チタンや銀といった金属が含まれています。

金属と聞くと、金属アレルギーが心配になりませんか。
購入してみたものの、アレルギー反応がでたら怖いですよね。

ふんわりルームブラに含まれている金属

ふんわりルームブラには、

  • チタン
  • ゲルマニウム

この三つが含まれています。
チタンと銀は金属なので、金属アレルギーが起こる可能性はゼロではありません。

もし、チタンか銀にすでにアレルギーがあるという方は、正直購入はやめておいた方がいいかもしれません。
(他のサイトでは勧められるかもしれませんが、個人的にはやめてほしいなと思います。)

ですが、この二つの金属でアレルギー反応が出るのは滅多にありません。

これらの金属は、歯医者の治療で使われたり、スポーツ関係のアクセサリーにも含まれていることがあります。
銀はまだしも、チタンは最もアレルギーになる可能性の低い安全な金属だといわれているので、神経質になる必要は全くありません。

私も、ふんわりルームブラで金属アレルギーにはなっていません。
(元々金属アレルギーでもありません)

最後のゲルマニウムは非金属なので、アレルギー反応は起こりません。
このように、ふんわりルームブラ は金属アレルギーでかぶれたり、荒れたりする可能性は極めて低いので、安心してください。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

ふんわりルームブラのチタン

ふんわりルームブラのネイビー

チタンのネックレスを愛用しているという方はご存知かもしれませんが、チタンには血行促進効果や疲労回復効果があるといわれています。
なんとなく、スポーツ選手が愛用しているイメージがありますよね。

ふんわりルームブラにチタンが含まれているのは、そうしたリラックス効果を得るためだと推測されます。
また、チタンは肩こりを防止する効果があるので、肩こりになりにくくなります。

また、チタンは歯医者のインプラント治療でも使われています。
インプラント治療とは、ざっくりいうと歯の根元にインプラントと呼ばれるボルトのようなものを埋め込み、人工的に作られた歯を固定します。
インプラントの材質として チタンが使用されている理由として、チタンは骨としっかりと結合する性質を持っているからだそうです。

チタンは、歯の治療で使われる金属だから当たり前かもしれませんが、ほとんどアレルギーが起こらないといわれています。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

ふんわりルームブラの銀

ふんわりルームブラのネイビー

ふんわりルームブラには、銀も含まれています。
銀と聞くと、ちょっとリッチな気分になりませんか。

銀もチタンと同じく、アレルギー反応がでることは稀だそうです。

銀のアクセサリーでアレルギーが起こったことがあるという方は不安になるかもしれませんね。
実際には、アクセサリーに含まれるニッケルや銅といった銀とは別の金属に反応しているのがほとんどだそうです。

チタン同様、歯医者の治療で使われることが多く、銀歯の銀もこの銀です。
奥歯は銀歯なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

銀には除菌効果があることがしられ、資生堂の銀色の消臭スプレーで印象のあるAG₊(エージープラス)もその効果を利用した商品になります。

ふんわりルームブラも銀が含まれているので、除菌効果があると思います。

ふんわりルームブラのゲルマニウム

ふんわりルームブラにはゲルマニウムが含まれています。

ゲルマニウムは金属ではないので、アレルギー反応はおこりません(違いはよくわかりませんw)
ですが、ふんわりルームブラに含まれているので、合わせてご紹介します。

アレルギーが起こりやすい金属とは?

じゃあアレルギーが起こる金属はなんなの?と気になる方もいるかもしれません。
アレルギー反応は、先ほども少し説明しましたが、ニッケルやクロム、コバルト、銅で起こることが多いです。

特にニッケルは、ピアス等で使われることが多く、若いうちから安いピアスをいくつもしている方はアレルギーが起こりやすくなるそうです。

ふんわりルームブラには、どれも含まれていません。
アレルギーが起こりやすい金属は使われていないので、アレルギーが気になる方も安心して身に着けることができると思います。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら