妊娠中でも使えるナイトブラの選び方は?マタニティブラの代用できる?

妊娠したらマタニティブラが本当に必要になるの?
ナイトブラで代用できないかな?なんて思ったことはありませんか。

マタニティブラを使うのは少しの間だけなのでわざわざ買うのは正直もったいない!
妊娠中でも安心して使えるナイトブラの選び方をご紹介します!

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

ナイトブラを妊娠中に使うメリット・デメリット

ナイトブラを使うことで妊娠費用を節約できる

結論としては、ナイトブラはマタニティブラの代わりになります。
そこで、マタニティブを買わずにナイトブラにする意味あるの?という人にメリットとデメリットをご紹介します。

ナイトブラを妊娠中に使用するメリットは、マタニティブラを買わずに済む点。
妊娠をしたら100%マタニティブラが必要かといわれたらそうではありません。
かくいう私もその一人で、妊娠中はマタニティブラは一着も買いませんでした。

マタニティブラは、妊娠中のバストサイズの変化は人それぞれなので、買うタイミングがとても難しいのです。

妊娠が分かってすぐにマタニティブラを用意してしまうと、万が一のことがあった時に無駄になってしまいます。
逆に、あんまり遅いとマタニティブラを使う機会が減るので勿体ないです。
そして、産後が一番バストアップするので、妊娠中に購入すると出産後に使えなくなる可能性も。

妊娠、授乳中、卒乳でサイズが3カップ以上変わることも珍しくありません。
妊娠や授乳が終わったら、胸の形や大きさが変わるので確実に使えなくなります。

しかしナイトブラであれば、卒乳後も継続して使えるので無駄がありません。

マタニティブラがどうしても欲しい!のであればぜひ買いましょう。
けれどそうでないのなら、マタニティブラを買わずにナイトブラで代用した方が絶対にコスパがよいです。

マタニティブラもちゃんとそろえようとなると4,000円~20,000円ほどかかってしまいます。
使うとしても半年か長くても1年ほどです。
それならもっと長く使える別のものを購入した方が赤ちゃんのためになるのではないでしょうか。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

妊娠中も無理なくバストメイクをすることができる

妊娠をするとどうしても太りやすくなり、背中や脇に脂肪がつきがちになります。
背中や脇についた余分な脂肪が、赤ちゃんの発育に必要かといわれたらそうではありませんよね。

妊娠中はダイエットや過度なトレーニングは厳禁のため、余分な脂肪を落とすチャンスがありません。

だからといって、バストアップサプリメントやクリームは妊娠中は使えません。
ナイトブラなら、母体への影響が少ないので妊娠中も安心して使うことができます。

また妊娠、出産後はどうしても赤ちゃんのことで頭がいっぱいになってしまいます。
妊娠中は、自分の体型よりも赤ちゃんの健康が気がかりで、自分の胸のことはおろそかに。
出産後は育児が待っているので、自分の時間がなかなか作れなくなってしまうのです。

妊娠中についてしまった脂肪こそ、ナイトブラでバストに寄せてしまいましょう。
ナイトブラなら着けているだけなので、どんな女性でも無理なく続けられるんです。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

ナイトブラは妊娠中のトラブルを防止する効果はなし

ナイトブラのデメリットは、当たり前ですが妊娠を想定して作られていない点。
妊娠中に無理をして着けていると、体調が悪くなる可能性もあります。

ただし、マタニティブラなら100%体調が悪くならないかといわれたら、そうでもありません。
妊娠初期でつわりがしんどい時は、マタニティブラであろうとなんであろうと私は辛かったです。

マタニティブラもナイトブラもノンワイヤーで伸縮性があるので、構造はそこまで変わらないんです。
だったら、試用期間が短いマタニティブラよりもナイトブラの方が長く使えて経済的なんじゃないかと思います。

ナイトブラは、妊娠専用のブラジャーではありません。
かといって、マタニティブラなら妊娠中は100%安心!というわけでもないんです。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

ナイトブラは授乳中は控えるのがベター

この記事はあくまで妊娠中の話で、授乳期間についてはほとんど触れません。
妊娠中はナイトブラがオススメですが、授乳期間は話が別。

マタニティブラは、簡単に乳が出せるような仕組みになっています。
クロスになってて、簡単にポロリできちゃうタイプのものがあれば、前がボタンになっていてサッと外せるものもあります。

授乳期間は夜や出先でも母乳があふれてくることもあります。
そんなときのために、マタニティブラには漏れるのを防ぐパットを入れることができますし、洗濯もしやすいです。

けれど、ナイトブラはそんな簡単に乳が出せるような構造になっていません。
漏れを防ぐパッドを入れる場所もないですし、洗濯もそこまで楽ではないんです。

ただ母乳が出るかどうかは産んでみないとわからないですし、出先で授乳しないなら普通のブラでもなんとかなります。
授乳期間が一番サイズアップするので、授乳のタイミングでマタニティブラを用意しても遅くありません。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

妊娠中でも使えるナイトブラの選び方

妊娠中でも安心して使えるナイトブラの選び方は、以下の通り。

  • 締め付けのないノンワイヤー
  • 胸の成長を邪魔しない伸縮性
  • 試着後もサイズ交換が可能

妊娠中はノンワイヤーのナイトブラを選ぶ

妊娠したのなら、ノンワイヤーのブラジャーを選んだ方が絶対に良いです。

妊娠初期のつわりはワイヤー入りのブラを着けているだけで、気分が悪く方もいますし私もそうでした。
妊娠後半なったら、ワイヤーありのブラジャーはこすれて痛いと感じるようになります。
ナイトブラは、すべてノンワイヤーでワイヤー入りのものに比べてずっと刺激が少ないです。

妊娠を機にノンワイヤーのブラを始めたという人もいるでしょう。
ナイトブラなら、授乳中は厳しいですが妊娠中だけではなく、卒乳して垂れた胸にも使えちゃいます。

卒乳後の胸の形が気になってナイトブラを購入する人もいるので、妊娠中から買っておいた方が長く使えてオススメです。

ナイトブラの胸の成長を優しくささえる伸縮性

妊娠中はとても胸が大きくなり、2カップ近く大きくなる人もいます。
そんなタイミングでナイトブラを購入しても無駄になってしまうのでは?と思っていませんか。

ナイトブラは寝ている間も胸を支える必要があるため、とても伸縮性があるんです。

普通のブラジャーであれば、サイズがすぐに合わなくなってしまいます。
けれどナイトブラなら、そこまで頻繁にサイズが合わなくなることはないです。

妊娠中は胸が大きくなることはあっても、小さくなることはまずありません。
妊娠中に使うのであれば、気持ち大きめのサイズを購入しておくと長く使えます。

試着後もサイズ交換が可能なナイトブラ

妊娠すると、胸のサイズが変わったり肌の感触が変わったりします。
サイズ通りと思ってナイトブラを購入したのに、なんとなく合わない・・・なんてことも起こりがちに。

ナイトブラは下着なので、一度試着していしまうと原則交換ができません。
なのでサイズが合わなければ、処分するか卒乳まで待たないと使えなくなってしまうのです。

ですが、中には試着後でもサイズ交換が可能なナイトブラあります。
サイズが合わないのに、無理をして着ていると母体に良くありません。
妊娠中は特にナイトブラの交換がしやすいものを選んだ方が安心できるでしょう。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

マタニティブラにもなるオススメナイトブラは?

ふんわりルームブラには妊娠中の体を温めてくれる効果も

ふんわりルームブラを安く購入する

マタニティブラの代わりにするのであれば、ふんわりルームブラがおすすめ。

妊娠すると体を冷やさないことが大切になります。
体が冷えると血行が悪くなり、赤ちゃんへ栄養がいかなくなるからです。
ナイトブラを着けていたら、血行が悪くなるのでは?と思うかもしれません。

しかし、ふんわりルームブラには、血のめぐりを良くする成分が生地に含まれています。
普通のブラジャーを着けるよりも、赤ちゃんにとってプラスになります。

さらに、ノンワイヤーで伸縮性があり、かつサイズ交換も可能。
胸の当たる部分は綿100%でできているので、どのナイトブラよりも肌トラブルが起こりにくいです。
マタニティブラとしても大活躍できるナイトブラになります。

ふんわりルームブラを妊娠中に代用することについて詳しく知りたい方はこちら

ふんわりルームブラを安く購入するふんわりルームブラは妊娠中も使える?マタニティブラの代用できる?

ふんわりルームブラなら、使いやすいだけでなく生地の素材にもこだわっています。
マタニティブラに限りなく近いナイトブラなので、安心ですよね。

ふんわりルームブラを
無料で手に入れるチャンス
キャッシュバックキャンペーンはこちら

ルルクシェルなら綿100%で妊娠中も安心して代用できる!

ルルクシェル

マタニティブラの代わりにするのであれば、ルルクシェルもおすすめです。

ふんわりルームブラと同様に、ノンワイヤーで伸縮性があり、かつサイズ交換も可能。
マタニティブラとしても大活躍できるナイトブラになります。

ナイトブラは、生地は化学繊維であることが多く、妊娠中の敏感な肌には不安という方も。
ルルクシェルも胸の当たる部分は綿100%でできているので、どのナイトブラよりも肌トラブルが起こりにくいです。

ルルクシェルを妊娠中に代用することについて詳しく知りたい方はこちら

ルルクシェルナイトブラのブラックルルクシェルは妊娠中も使える?マタニティブラの代用できる?

ルルクシェルは、ふんわりルームブラと使用感や特徴がとても似ています。
なので、デザインや色の好みで選ぶといいでしょう。

ルルクシェルを
無料サイズ交換付きで購入
公式HPはコチラ

授乳期間も使うならヴィアージュナイトブラ

ヴィアージュナイトブラの効果

ヴィアージュナイトブラは、授乳期間中も安心して着けることができるナイトブラなんです。
ふんわりルームブラやルルクシェルにはフロントホックがありますが、ヴィアージュナイトブラにはありません。
フロントホックで、授乳中の赤ちゃんを傷つける心配が全くないんです。。

着用感もマタニティブラに限りなく近いので、締め付けが少しでも気になる人にもおすすめ。
アンダーバストがあまり変わらなければ、胸が大きくなってもずっと同じサイズを着け続けられるのも◎

ヴィアージュナイトブラを妊娠中に代用することについて詳しく知りたい方はこちら

ヴィアージュナイトブラのネイビーの写真ヴィアージュナイトブラは妊娠中も使える?マタニティブラの代用できる?

ヴィアージュナイトブラは、サイズ交換もできませんし、胸の当たる部分も綿100%ではありません。
ですが、マタニティブラとして、長く使いたい!のであれば、授乳期間中も長く使えるヴィアージュナイトブラがいいでしょう。

ヴィアージュナイトブラを
特典付きで購入
公式HPはコチラ